電子マネーやカードって、どう管理する?

現金の代わりになるカードって?

ひと時代前、お金を使うということは、お店へ出かけて、お札や硬貨などの現金でほしいものを買って、お釣りをもらって帰ることでした。それが今では、コンビニでの買い物も電車やバス代の支払いも、電子マネーなどのカードで「ピッ」です。

また、お店での買い物だけでなく、ネットでの買い物もプリペイドカードなどで簡単に支払うことができ、日常で現金を使うシーンは減っています。

電子マネーの決済金額の推移電子マネーの決済金額の推移

みなさんも、そのようなお金の形をしていないお金、つまりモノやサービスの代金を支払うことができるカードをこれまでに使ったことがあるのではないでしょうか。
たとえば、入学祝いなどで図書カードをもらったことはありませんか?図書カードを使えば、ほしい本や雑誌を買うときに現金を出さずに支払いをすることができますよね。このような先払いされたカードをプリペイドカードといいます。

その他にも、現金をチャージして利用する電子マネー、使うとすぐに銀行の預金口座から引き落とされるデビットカード、翌月などに後払いするクレジットカードなどがあります。ただし、このうちクレジットカードは高校を卒業するまでは作ることができません。

「見えないお金」は使った感がない!?

このようなカードを使うと、ワンタッチで電車やバスに乗れたり、お店での買い物も現金を出さなくてすんだりと、お金の支払いがラクラクです。
でも、手軽で便利だからこそ、お金を使った感覚が鈍りやすく、本当はそこまで必要のないお菓子やジュースを気軽にピッと買ってしまいがちです。
また、スマホや携帯電話を使っている場合、好きな音楽をダウンロードしたくなったりして、簡単にプリペイドカードを使ってしまうかもしれません。

ですから、カードでお金を使ったときは、その分もお小遣い帳にしっかり書く、スマホや携帯電話で有料サービスを利用するときはお小遣いの範囲内で、などルールを決めて、使いすぎないよう注意しましょう。

現金の代わりに使えるカード

プリペイドカードプリペイドカード
プリペイドカード

先払いしてカードを購入する。

例)図書カード、クオカード、iTunes Card など

電子マネー電子マネー
電子マネー

現金をチャージして利用する。

例)Suica、楽天Edy など

デビットカードデビットカード
デビットカード

これで支払うと、銀行に預けたお金から即座にお金が引き落とされる。(銀行に預けているお金を超えて使うことはできない。)

例)Visaデビット、J-Debit

クレジットカードクレジットカード
クレジットカード

これで支払うと、翌月以降に口座からお金が引き落とされる。(18歳未満の高校生は原則持つことができない。)

例)Visa、JCB、MasterCard® など

※ iTunes Cardは、Apple Inc.の商標です。
※「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の商標登録です。
※「楽天Edy」は楽天Edy株式会社が運営するプリペイド型電子マネーサービスです。

CHECK POINTCHECK POINT
  • 現金の代わりに使えるカードにはどのようなものがあるか、整理しましょう。

深堀りしてみよう!

カードで支払うとき、どうすればお金を使いすぎないか考えてみましょう。

関連サイト

  • 大和証券大和証券
  • 株価と為替株価と為替
  • 子育てとお金の情報サイト SODATTE子育てとお金の情報サイト SODATTE