株式って何だろう?

株式を買うと会社のオーナーになれる!?

お金を必要としている会社が、お金を提供してくれた投資家(個人や会社)に対して、その証明として発行するのが「株式」です。
このように株式を発行して集めたお金で活動する会社のことを「株式会社」といいます。株式会社が株式を発行して集めたお金は、借金ではありません。そのため、お金を返したり、お金を貸してもらったお礼として利息の支払いをしたりする必要はないのです。

株式を買うと、あなたはその株式を発行している会社の株主になります。つまり、お金を出した分だけその会社のオーナーになるということでもあります。
また、自分が応援したい会社や、好きな商品を作っている会社の株式を買うことで、会社はそのお金を新しい設備の投入や商品の開発などにあて、成長していくことができるのです。

利益の一部から配当金(お金)を支払う利益の一部から配当金(お金)を支払う

さて、株式を買ってオーナーになると、まず会社の経営方針などを決める株主総会に参加して、意見を言ったり投票したりすることができます。
また、会社がもうかった分の利益の一部を配当金としてお金で受け取ることもできます。お金以外にも、たとえば自社の商品や商品券などを株主に送ってくれる会社もあり、これを「株主優待」といいます。

株式は、その会社が成長し人気が出た場合は価値が上がりますが、万が一会社が倒産したときには、株式を買ったお金は戻らない場合もあるので注意が必要です。
実際には会社が倒産すると、会社に残ったお金は銀行から借りたお金や社債への支払いに優先的に使用され、残った分があれば株主に支払われます。

どうやって株式を買うの?

株主になりたい会社の株式は、「証券取引所」という株式の市場で売買されていれば、証券会社を通じて自由に買うことができます。
証券会社に自分の口座を作り、「■■■■の株を○株、買ってください」というような注文を出すことで、株式を買ったり売ったりすることができます。

東京証券取引所東京証券取引所

また、証券取引所で売り買いされている株式の値段(株価)は一定ではありません。たくさんの投資家に買われたり売られたりすることで値段が動き、いろいろな理由で上がったり下がったりします。
株式を買ったり売ったりすることでお金を増やすこともできますが、それだけでなく、株式を買って持ち続けることで好きな会社を応援したり、経済活動に参加したりしようという気持ちを持つことも大切です。

CHECK POINTCHECK POINT
  • 株式を買って株主になりたいと思ったときにはどうしたらいいか、整理しましょう。

深堀りしてみよう!

株主優待にはどんなものがあるか調べてみましょう。(大和証券のサイトを見る

証券取引所で売買ができる株式を発行している株式会社を「上場会社」といいます。上場会社にはどういった会社があるのか、株価はどのように動いているか調べてみましょう。(日本取引所グループのサイトを見る

用語解説

一定以上の株式(単位株以上)を保有する株主なら誰でも参加できる、株式会社の最高意思決定機関のこと。保有する株式の数に応じて株主に議決権が与えられ、定款(ていかん)の変更、決算の承認、取締役や監査役の選任など、会社の基本方針や重要事項を決定します。
文中に戻る

株式会社が、一定以上の株式を保有している株主に対して自社製品やサービスを提供する優待制度のこと。優待内容は会社によって異なり、自社製品、商品券、カタログギフト、図書カードなどを決まった月に株主に送り届けます。会社のファンや個人の株主を増やすことなどを目的として行なっています。
文中に戻る

取引所に上場された株式や債券などの売買が行われる場所のこと。日本では、東京証券取引所、名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所があります。
文中に戻る

「証券会社の仕事って何だろう?」を見る
文中に戻る

家計・会社・政府(経済主体)がモノやサービスを生産・分配・消費する活動のこと。 会社がモノやサービスを生産し、家計がそれらを消費するといった活動で私たちの生活が成り立っていることをいいます。
文中に戻る

関連サイト

  • 大和証券大和証券
  • 株価と為替株価と為替
  • 子育てとお金の情報サイト SODATTE子育てとお金の情報サイト SODATTE