証券会社の仕事って何だろう?

証券会社ってどんな会社?

みなさんは証券会社ってどんな会社か知っていますか?「株を売ったり買ったりする会社でしょ」と思ったあなた、その答えは間違いではありませんが、それだけだと正解ではありません。

証券会社は、お金を提供したいと思っている会社や個人と、お金が必要な国や会社などの間に立って両者をとりもち、直接お金が流れるようにしています。
お金を提供したいと思っている会社や個人を「投資家」といいます。投資家は証券会社を通じて特定の国や会社などの債券や会社の株式を買うことで、直接的にお金を投じることができます。

証券会社の役割

証券会社の役割証券会社の役割

たとえば、会社が新しいことを始めるためにお金を必要としている場合、その会社は、銀行からお金を借りるだけでなく、応援してくれる投資家から直接お金を集めることができます。
一方で、お金を提供したい投資家の視点で見てみると、銀行にお金を預けることによる間接的なお金の提供ではなく、応援したい会社に直接お金を提供することができるのです。
そして、その双方を結ぶ役割を担うのが証券会社です。

証券会社の大切な役割

国や会社などが、投資家から直接お金を集めるとき、株式や債券などの証券を発行し、投資家にこのような証券を買ってもらう必要があります。
しかし、自分たちで投資家を探すのはとても大変です。そこで、証券会社は国や会社などが発行する証券を買いたい投資家を探し、双方の手助けをしているのです。

証券会社はこのような方法で、お金を提供したいという会社や個人とお金が必要な国や会社などを結びつける大切な役割を担っています。株式や債券を買った投資家は、証券をずっと持っていてもいいのですが、手放したいときには証券会社を通じて別の投資家に売ることもできます。
このように証券会社は、株式や債券を「買いたい」「売りたい」という投資家に頼まれて、取り次ぐ仕事もしています。

大和証券本店大和証券本店

証券会社は投資家との接点として、日本の各地にお店を持っています。投資家はそこで株式や債券を買ったり売ったりできるだけでなく、退職金や相続などお金に関するさまざまな相談をすることができます。
相談をうける証券会社の社員であるコンサルタントは、そのような投資家の相談やライフプランなどを聞きながら、一人ひとりに合った情報の提供を行なったり、お金の運用方法をアドバイスしたりしています。
また、投資家の生活スタイルに合わせて、コンサルタントはお店だけでなく電話や訪問でも相談をうけています。

みなさんが大人になってお金や運用に関する相談をしたいと思ったら、身近にある証券会社のお店に行ったり、電話をしたりしてみましょう。
プロのコンサルタントがみなさんのライフプランなどに合わせてきめ細かな応対をしてくれますよ。

CHECK POINTCHECK POINT
  • 証券会社と銀行の役割の違いについて整理しましょう。
  • 証券会社の仕事や役割はどのようなものか、説明できるようにしましょう。(金融経済ナビのサイトを見る

深堀りしてみよう!

みなさんの身近(住んでいる地域)にある証券会社のお店を探してみましょう。(証券業協会のサイトを見る),(大和証券のサイトを見る

用語解説

「債券って何だろう?」を見る
文中に戻る

「株式って何だろう?」を見る
文中に戻る

専門知識や経験などを活用し、お客さまの問題に対して相談に応じたり、助言や対策を提供したりすることを職業とする人のことをいいます。
文中に戻る

関連サイト

  • 大和証券大和証券
  • 株価と為替株価と為替
  • 子育てとお金の情報サイト SODATTE子育てとお金の情報サイト SODATTE