銀行は何をしている会社?

銀行に預けると利子が付くのはなぜ?

みなさんは、お小遣いやお年玉をもらったら、そのお金はどうしていますか?
ほしかったものを買うためにすぐ使ったり、コツコツと貯めて将来の自分のために使ったり、使い方は様々です。
また、お金を貯める方法も、貯金箱に入れておくだけでなく、銀行に預けることができます。

みなさんのお金は、貯金箱に入れておくだけだと1円も増えることはありませんが、銀行に預けると、1年に2回少しですが利子が付きます。
銀行に預けるとなぜ利子がもらえるのか、考えたことはありますか?

銀行の役割

銀行の役割銀行の役割

実は、みなさんが預けたお金は、銀行を通じてお金を必要としている会社や個人に貸し出されます。その借りたお金で、会社は工場を作って新しい製品を作ったり、個人は家や車を買ったりすることができます。
お金を借りたお礼として、会社や個人は、決められた期限までに、利息を付けてそのお金を銀行に返します。銀行は返してもらったお金の中から、今度はお金を預けたみなさんにお礼として利子を支払うのです。

銀行の3つの役割

銀行には、特に重要な3つの役割があります。まず1つが、「お金を預かる」役割で、預かったお金を安全に保管・管理しています。

2つめは、「お金を貸し出す」役割です。すでに見てきたように、みなさんが銀行に預けるお金が、お金を必要としている会社や個人に行き渡ることで、会社の成長や個人の夢の実現などを間接的にサポートしているのです。

貯金貯金

3つめは、「お金の支払い」をする役割です。銀行に預けたお金を使いたいとき、ふつうATMなどからお金を引き出す必要があります。
でも、遠く離れた会社や個人にお金を支払いたいとき、銀行からわざわざお金を引き出して届けるしか方法がなかったら、とても不便ですよね。そのため銀行は、口座から口座へお金を移動する役割を担っています。
これによって、私たちはお金を引き出したり、遠くまで届けたりする必要なく、自分の口座からお金を支払いたい口座にお金を移して、簡単に支払うことができるのです。
また、公共料金やクレジットカードの代金を、自分の口座から自動的に引き落としてお金を支払ってもくれます。

これらの役割を見ても、銀行がなかったら私たちの生活は不便になってしまうことが分かりますね。

CHECK POINTCHECK POINT
  • 銀行にお金を預けると利子が付くのはなぜか、理由を説明できるようにしましょう。
  • 銀行の3つの役割について整理しましょう。

深堀りしてみよう!

みなさんが銀行に預けるお金は、預金保険制度(ペイオフ)によって決められた金額まで保護されます。制度の内容について詳しく調べてみましょう。(金融庁のサイトを見る

用語解説

貸したお金などに対して支払われる対価のことをいいます。
文中に戻る

借りたお金などに対して支払う手数料のことをいいます。
文中に戻る

光熱代、授業料、郵便料金などのように、国民の生活に深く関係するサービスにかかる料金のこと。価格の決定には、政府や地方公共団体が直接かかわっています。
文中に戻る

関連サイト

  • 大和証券大和証券
  • 株価と為替株価と為替
  • 子育てとお金の情報サイト SODATTE子育てとお金の情報サイト SODATTE