お金は社会の血液

お金の役割

お小遣いをもらうときやそれを使うとき、なぜお金でものを買うことができるのか不思議に感じたことはありませんか?それは、お金がモノやサービスと「交換」する役割を持っているからです。
お金がなかった時代は、たとえばお肉とお魚、お魚と野菜といったように、ものを交換し合うことでほしいものを手に入れていました。しかし、この方法だとお互いにほしいものを持っていないと交換できないのでとても不便です。

いつでもどのようなものとでも交換できるというお金の役割によって、私たちはほしいものを簡単に手に入れられるようになったのです。

1.モノやサービスと交換 2.貯めておける 3.価値をはかるモノサシ1.モノやサービスと交換 2.貯めておける 3.価値をはかるモノサシ

お金にはこのように「モノやサービスと交換」する役割を含めて3つの役割があるといわれます。
2つめの役割は、「貯めておける」ことです。将来食べるためにお肉や野菜などの食料をとっておくと腐って食べられなくなってしまいますが、お金を貯めておけば将来必要なときに食料を買って食べることができます。

3つめは、「価値をはかるモノサシ」の役割です。たとえば、あなたが持っているシャーペンを友達が持っている消しゴムに交換してほしいと言われたとき、交換するかしないかをどうやって決めますか?
消しゴムがほしいと思っていても、その消しゴムがシャーペンよりも価値が低ければ交換したくないですよね。お金によってその価値(値段)が決まっているからこそ、どちらの価値が低いか高いか判断できるのです。

お金がこのような役割をはたすことができる理由として、お札や硬貨にその金額相当の価値があるとみんなに信用されているということがあげられます。
お札をよく見てみると、「日本銀行券」と印刷されているのがわかります。日本では法律で、日本銀行が発行しているお札は印刷されている通りの金額で使えると保証されています。このため、お札は紙であってもお金として使うことができるのです。

買い物をしたお金が社会をめぐる

お札や硬貨を使ったとき、そのお金はスーパーやコンビニのレジに入って消えてなくなってしまうわけではありません。みなさんが支払ったお金はその後、社会をめぐる旅に出ているのです。
たとえば、みなさんが文房具屋で授業に必要な消しゴムを200円で買ったとします。支払った200円はその文房具屋の売上となり、新しい消しゴムを仕入れるためのお金として消しゴムのメーカーに支払われたり、文房具屋で働く人のお給料になったりします。
消しゴムのメーカーからすればそれが売上となり、消しゴムの材料となるプラスチックの材料を調達するための費用やメーカーで働く人のお給料になります。

お金が社会をめぐる例お金が社会をめぐる例

お給料として受け取られた場合、そのお金は受け取った人の家計に入ります。
そして、たとえば夕飯の材料を買うために使われたり、証券会社や銀行に預けられたり、誰かのお小遣いとして支払われたりして社会をめぐっていきます。

お金は、貯金箱に入れっぱなしではそこにとどまったままですが、このように使われて社会をめぐることにより会社は活動でき、私たちはお金でものを買うことができるのですから、まさにお金は社会の血液ですね。

CHECK POINTCHECK POINT
  • お金の3つの役割と、日本でお金が信用されている理由を説明できるようにしましょう。

深堀りしてみよう!

みなさんがよくお小遣いで買うものについて、支払ったお金がその後どのように社会をめぐっていくか絵や図を描いて考えてみましょう。

用語解説

1882年10月に設立され、国の金融の中心的な役割を果たす中央銀行として、お札(紙幣)を発行したり国のお金や「銀行」の預金の一部を預かったりしています。略して「日銀(にちぎん)」と呼ばれます。日本銀行ホームページのサイトを見る日本銀行ホームページのサイトを見る
文中に戻る

関連サイト

  • 大和証券大和証券
  • 株価と為替株価と為替
  • 子育てとお金の情報サイト SODATTE子育てとお金の情報サイト SODATTE